新潟市民の理解を深めつつ、浪漫溢れる通りとなるような 「2017NIIGATAオフィス・アート・ストリート」を実施します。

審査員

日比野 克彦
Katsuhiko Hibino
1958年岐阜県生
アーティスト/東京藝術大学美術学部先端芸術表現科教授/日本サッカー協会理事

様々な地域の人々と共同制作を行いながら、受取り手の感受する力に焦点を当てたアートプロジェクトを展開し、社会で芸術が機能する仕組みを創出する。

2003年越後妻有大地の芸術祭にて 「明後日新聞社」「明後日朝顔プロジェクト」を開始、継続。

2010年「種は船プロジェクト」、 瀬戸内国際芸術祭「瀬戸内海底探査船美術館プロジェクト」。

2012年「水と土の芸術祭」参加。

震災後は東日本大震災復興支援活動 「HEART MARK VIEWING」を 立ち上げ作ることをきっかけに、 人と人を繋ぎ想いを届ける。

2013年「六本木アートナイト2013」にてアーティスティックディレクターを務める。

2015年「水と土の芸術祭」参加。


川口 とし子
Toshiko Kawaguchi
1956年新潟県加茂市生
建築家/
長岡造形大学建築・
環境デザイン学科教授

日本大学理工学部大学院
建築学修士 修了。

アーキスタジオ川口
一級建築士事務所主宰。

SDレビュー入選。
JIA優秀建築選入選。

日本大学、東京理科大学、国士舘大学他で非常勤講師を歴任。

テレビ朝日「大改造劇的ビフォーアフター」に7回出演。新潟市まちなか再生本部会議委員、長岡市景観審議委員会委員、新潟都心軸プロモーション会議委員。


霜鳥 彩
Aya Shimotori
1978年新潟県燕市生
株式会社ジョイフルタウン
「月刊にいがた」編集長

2000年4月
株式会社ジョイフルタウン入社。
2016年より現職。
入社以来出版部に所属し、
おもに『月刊にいがた』編集に
携わる。

毎月の『月刊にいがた』の巻頭特集の企画・取材・編集作業までを一貫して手掛けるほか、別冊編集も手掛け、新潟県内75のまちを歩いてまとめた2010年発行の別冊『新潟町歩き』がヒット。

県内各地のまち歩きやまちの魅力の引き出し方などの講演も多数歴任。
また、BSNテレビ『水曜見ナイト』にゲストコメンテーターとして出演中。


塩田 純一
Junichi Shiota
1950年東京都生
新潟市美術館館長
美術評論家

東北大学文学部大学院修士課程美学・美術史学専攻修了。1979年より、栃木県立美術館学芸員、世田谷美術館主任学芸員、東京都現代美術館学芸部長、東京都庭園美術館副館長、青森県立美術館美術統括監を経て、2011年より現職

〈主な展覧会プロジェクト〉
・1984年「デイヴィッド・ナッシュ樹のいのち 樹のかたち」展 (栃木県立美術館)
・1990年「イギリス美術は、いま」展(世田谷美術館ほか)
・1992年「都市と現代美術 廃墟としてのわが家」(世田谷美術館)
・1998年「リアル/ライフ イギリスの新しい美術」展(東京都現代美術館ほか)
・1999年第48回ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館コミッショナー (イタリア)
・2000年「ギフト・オブ・ホープ」展(東京都現代美術館)
・2007年「アルフレッド・ウォリス」展(東京都庭園美術館ほか)
・2008年「舟越桂 夏の邸宅」展 (東京都庭園美術館)
・2014年「ニイガタ・クリエーション 美術館は生きている」 (新潟市美術館)

〈著書〉
2007年「イギリス美術の風景」 (ブリュッケ)


PAGETOP
Copyright © NIIGATA オフィス・アート・ストリート All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.